パニックザウルス


パチスロのパニックザウルスは、キングパルサーのストックシステムをそのまま使っていて、キャラクターやドット演出だったキンパルがテトラリールにパニックザウルスはなっていました。

山佐の名機の1つでもあったキンパルのシステムを使う事によって人気がでるかと思っていたパニックザウルスだが、ガセ演出の多さや兄弟機としてだされた割には完成度が低かった為ホールでの人気はイマイチだった気がします。

しかしゲーム性を理解していた人にとっては、このパニックザウルスの前兆法則崩れや前兆期待度などが分かり、キンパル以上に好んで打っていた人も多くいたのもあり一部では人気がありもしました。

基本的には、キンパルと同じゲーム性なので高設定でない限りパチンコホールでの稼動も少なく、大体が128ゲームやめされていました。

また、朝一の設定変更後は128ゲームまでの解除率も高いので、朝一は多くの方がパニックザウルスを打っていました。

基本的には、このパニックザウルスもゾーン狙いが主になっていたので、ホールでも中々設置されていてもゲーム性が分かっている人は128ゲームから座る人もおらず空き台の目立ったパチスロ機だった。


パチスロアプリ パチンコアプリ > 山佐のパチスロ機種情報 > パニックザウルス

▲TOPへ